外壁塗装って夏にしていいの?夏に外壁塗装を考えている方必見!

query_builder 2023/07/01
ブログ
24334512_s (1)


夏の時期に外壁塗装を検討している方に中には「夏の時期に外壁塗装ができるのかな」と疑問に思っている方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は夏の外壁塗装について紹介していきます。
夏場に外壁塗装を考えている方は必見です。



□夏にも外壁塗装ってできるの?


結論から言うと夏場も外壁塗装することは可能です。

夏に外壁塗装する際には「気温が5度以上」や「湿度が85%未満」「強風や降雨、降雪などの悪天候ではない」「結露が発生していない」という条件を満たす必要があります。
湿度に関しては晴れている場合は基本的に85%を上回ることはありませんが、雨が降っていると85%は上回るため塗装工事ができません。

上記の条件を満たしていない天候で無理やり外壁塗装してしまうと、施工不良につながる恐れがあります。
そのため、条件を満たしていない場合には外壁塗装の工事は中止するようにしましょう。

一方で、足場を設置したり洗浄したりなどの塗装以外の工程は気温が5度以下や雨が降っていても実施できる可能性があります。



□夏場の外壁塗装のメリットって?


まずメリットの一つとして塗料が乾きやすいため塗膜が安定するという点が挙げられます。
夏は気温が高く、塗料がしっかり乾いて固まるため、塗膜がすぐに剥がれてしまうリスクが低くなります。

外壁塗装では、下塗り、中塗り、上塗りの3回塗りが基本のため、各塗り工程には適切な乾燥時間が必要です。
この乾燥時間によって作業されるのですが、気温が低い日や湿気が高い日では、塗料が固まりにくく、不具合が起こる可能性があります。

しかし、気温が高いことで塗料がよく伸びるため、職人たちが作業しやすくなり、塗膜が安定します。

さらに、天候が安定しているため工期が予定通り終わるというメリットもあります。
夏の時期は日照時間が長いため、スケジュールの調整がしやすく、作業の時間も長く取れます。

通常の外壁塗装では雨が降ると塗膜に水分が混ざってしまい不具合を起こすため、雨の日は作業が中断され、工期が伸びる可能性もあります。
また、工期が延びても費用は変わらず、足場とネットは建物にかかったままで閉塞しているように感じることもありますが、比較的天候の変化が激しくないためそのリスクが低くなるのです。



□まとめ


今回は夏の外壁塗装について紹介しました。
夏の時期の外壁塗装は天候が安定する傾向があることから予定通りに完了したり、気温の高さによって塗装が乾きやすいというメリットがあります。
夏の時期に外壁塗装を検討中の方はぜひこの機会に行ってみてください。



記事検索

NEW

  • 郡山市塗床

    query_builder 2024/02/23
  • 郡山市A様邸外壁塗装・屋根塗装工事

    query_builder 2023/12/21
  • 郡山市A様邸外壁塗装・屋根塗装工事

    query_builder 2023/12/14
  • 郡山市A様邸外壁塗装・屋根塗装工事

    query_builder 2023/12/08
  • 郡山市E様木板塗装

    query_builder 2023/12/01

CATEGORY

ARCHIVE