屋根塗装は失敗しやすい?失敗事例やDIYでやるメリットデメリットを解説します!

query_builder 2023/04/19
ブログ
23554335_s

屋根は年月が経つにつれて劣化していくので、定期的なメンテナンスが不可欠です。
しかし、注意しなければならないのは、屋根塗装は失敗してしまう可能性があるということです。
特に、下地の処理が適切にされないまま塗装されることが原因となることがほとんど。
そこで今回は、屋根塗装における失敗例について焦点を当てつつ、ご自身で屋根塗装を行うケースについてもご紹介します。

□屋根塗装の失敗事例をご紹介!

1. 塗料が剥がれてしまった


塗装前は、屋根の状態を綺麗に処理しないと塗装がうまくいかず、耐用年数に比べて早い時期から塗装が剥がれてしまうことがあります。
塗装から数年は問題ないかもしれませんが、想定よりも早い段階で劣化するので、再塗装にさらなるコストがかかってしまうことになります。


2. カバー工法における失敗


カバー工法とは、従来の屋根の上から新しい屋根を重ねて設置する方法です。
つまり、元々の屋根の状態が良くないと、上から新品の屋根を被せても耐久性が弱く雨漏りの原因になることがあります。
こちらも下地の状態が良いことを確認して行うべきです。


3. 雨漏りしてしまった


こちらは必ずしも屋根塗装が原因であるとは限りません。
可能性として、屋根塗装の際に防水シートが破れてしまったり、下地が破損してしまったりということが原因として挙げられます。

□DIYで屋根塗装するメリットとデメリットとは?

メリット1. 好みの塗料で施工できる


施工業者に頼むとなると、基本的に塗料の種類や塗り方、デザインなどは業者任せになることがほとんどです。
特に、デザインや塗り方にこだわりがある方にとっては、理想的な方法かもしれませんね。


デメリット1. 工期が伸びてしまう可能性


施工業者に依頼した場合は、およそ2週間ほどで塗装が完了します。
しかし、DIYで行った場合は4ヶ月ほどかかることを想定しておきましょう。
なぜなら、本来であれば屋根塗装のプロが数人で毎日8時間ほどかけて作業しているので、DIYではこの作業量には中々及ばないからです。


デメリット2. 落下する可能性もある


そもそも屋根塗装は、屋根に登って作業することが求められますが、素人の方ではかなり危険度の高いプロセスだと言えます。
足場の不安定さや、落ちた時の安全性も低いので、もし落下すれば命に関わることもあるのです。

□まとめ

屋根塗装は、下地の処理が不完全な場合や屋根の状態が悪い時に行うと失敗してしまう可能性が高いです。
塗料が剥がれてしまったり雨漏りしてしまったりしたら、再塗装に余計な費用がかかってしまうことになるので注意しましょう。
また、自身で屋根塗装を行うのは危険度が高いので、できるだけ施工業者に依頼することをおすすめします。

記事検索

NEW

  • 郡山市A様邸外壁塗装・屋根塗装工事

    query_builder 2023/12/21
  • 郡山市A様邸外壁塗装・屋根塗装工事

    query_builder 2023/12/14
  • 郡山市A様邸外壁塗装・屋根塗装工事

    query_builder 2023/12/08
  • 郡山市E様木板塗装

    query_builder 2023/12/01
  • 郡山市外壁塗装・屋根塗装工事

    query_builder 2023/12/01

CATEGORY

ARCHIVE