外壁塗装はDIYでやっても良い?メリットとデメリット、やり方について解説します!

query_builder 2023/03/11
ブログ
2564044_s

塗料の塗り方によって仕上がりが大きく異なってくる外壁塗装。
高度な技術が求められることから、DIYは難しいのではないかと考えている方も多いと思います。
今回は、DIYで外壁塗装をするメリットとデメリット、またDIYの方法についてご紹介します。

□DIYで外壁塗装をするメリット・デメリットとは?

*メリット

メリットは以下の2つです。
・費用を抑えられる
・自分のタイミングでできる

費用を抑えられるのは、工事費がかからないからです。
外壁塗装会社に依頼して外壁塗装をする場合は、材料費と工事費で合計100万円程度の費用がかかります。
一方で、DIYの場合は塗装に必要な道具と塗料にかかる材料費だけで済むため、かかる費用は50万円から60万円程度で済みます。

自分のタイミングでできると、塗料が乾きやすい季節や晴れの日が続く期間を狙って塗装できます。
外壁塗装会社に依頼すると、予約が埋まってしまっているために希望が通らない可能性があります。
ただし、前々から予約しておけば、外壁塗装会社でも春や秋に外壁塗装をすることは十分に可能です。

*デメリット

デメリットは以下の3つです。
・危険である
・下地処理が難しい
・失敗する可能性がある

危険である理由は、高所での作業になるからです。
外壁は一部だけを塗装するとかえって目立ってしまうため、全体を塗装する必要があります。
屋根付近も塗装しなければならないため、非常に危険を伴います。

下地処理が甘いと雨漏りの原因になります。
専門知識がないとしっかりとした下地処理ができないため、一般の方には難易度の高い作業です。

高度な塗装技術がないと、外壁塗装は失敗してしまいます。
塗料に塗り残しやムラができ、仕上がりが汚くなるためです。

□外壁塗装のDIYでのやり方をご紹介!

DIYで外壁塗装をする時の手順は以下の通りです。

1:外壁の高圧洗浄

塗料を外壁に密着させやすくするためにも、外壁にある古い塗料やカビ、コケなどを洗浄して取り除きます。

2:養生

他の設備に塗料が付着しないよう、養生シートを使ってカバーします。

3:下地の補修

外壁の穴やひび割れ部分を補修し、平らにします。

4:塗装

下塗り、中塗り、上塗りの3回塗りを行います。
前に塗った塗料が乾いてから重ね塗りするようにしましょう。

□まとめ

今回は、DIYで外壁塗装をするメリットとデメリット、またDIYでする時の手順についてご紹介しました。
外壁塗装をDIYでするメリットは好きな時に費用を抑えてできることですが、デメリットとして、仕上がりが悪くなることや怪我の危険性が高いことなどが挙げられます。
外壁塗装をきれいに仕上げたい、また全面を外壁塗装したいという方は、ぜひ当社までご相談ください。

記事検索

NEW

  • 郡山市A様邸外壁塗装・屋根塗装工事

    query_builder 2023/12/21
  • 郡山市A様邸外壁塗装・屋根塗装工事

    query_builder 2023/12/14
  • 郡山市A様邸外壁塗装・屋根塗装工事

    query_builder 2023/12/08
  • 郡山市E様木板塗装

    query_builder 2023/12/01
  • 郡山市外壁塗装・屋根塗装工事

    query_builder 2023/12/01

CATEGORY

ARCHIVE