屋根塗装の塗り替えをする年数の目安は?症状や耐用年数をご紹介!

query_builder 2023/03/03
ブログ


住宅街を歩いていると、色あせた屋根の家を見かけることはありますよね。
それを見て、自分の家の屋根も色あせていないか不安に思われる方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、屋根塗装の塗り替えをする年数の目安についてご紹介します。
屋根塗装をする目安となる症状についてもご紹介しますので、ぜひ参考にして下さい。



□屋根塗装の塗り替えをする年数の目安をご紹介!


屋根塗装の塗り替えをする年数の目安は、使用されている塗料の種類によって異なります。
そこで今回は、屋根塗装で使用されることの多い4つの塗料における年数の目安についてご紹介します。

1つ目は、アクリル塗料です。
アクリル塗料の耐用年数は5年から7年が目安となっています。
そのため、塗り替えに関しても5年から7年を目安にするとよいでしょう。

2つ目は、ウレタン塗料です。
ウレタン塗料の耐用年数は7年から10年が目安となっています。
ただし、5年経過した時期から色あせてくることもありますので、塗り替えは5年から7年を目安にしましょう。

3つ目は、シリコン塗料です。
シリコン塗料の耐用年数は10年から15年です。
新しく塗り替えるのは10年経過した時期が良いでしょう。

4つ目は、フッ素塗料です。
フッ素塗料の耐用年数は15年から20年で、4種類の塗料の中で最も長くなっています。
塗り替える年数については15年を目安にするとよいでしょう。



□屋根塗装の塗り替えの目安となる症状とは?


屋根塗装の塗り替えの目安となる症状を3つご紹介します。

1つ目は、チョーキング現象です。
チョーキング現象とは、屋根の表面を触った際にチョークの粉のようなものが手に付着する現象のことです。
塗膜が破れて屋根材がむき出しになっている状態ですので、屋根の耐久性を高めるためにも屋根塗装が必要です。

2つ目は、屋根の色あせです。
色あせは紫外線や熱などによって屋根の塗装が経年劣化した証拠です。
そのまま放置しておくと屋根材の耐久性の低下につながるため、屋根塗装する必要があるかについて屋根塗装会社に確認してもらいましょう。

3つ目は、瓦の剥がれです。
経年劣化すると瓦を固定・接着する漆喰の効果が薄まり、瓦が屋根から落ちてしまいます。
瓦の落下は大変危険なだけでなく雨漏りの発生にも繋がるため、早急に屋根塗装を依頼する必要があります。



□まとめ


今回は、屋根塗装の塗り替えをする年数の目安や、屋根塗装の塗り替えの目安となる症状についてご紹介しました。
屋根塗装は綺麗に仕上げるのが難しいだけでなく、高所での作業になるためDIYでは大変危険です。
屋根塗装をお考えの際は、ぜひ屋根塗装会社である当社にお任せください。



記事検索

NEW

  • 郡山市塗床

    query_builder 2024/02/23
  • 郡山市A様邸外壁塗装・屋根塗装工事

    query_builder 2023/12/21
  • 郡山市A様邸外壁塗装・屋根塗装工事

    query_builder 2023/12/14
  • 郡山市A様邸外壁塗装・屋根塗装工事

    query_builder 2023/12/08
  • 郡山市E様木板塗装

    query_builder 2023/12/01

CATEGORY

ARCHIVE