屋根塗装の吹きつけ工法とは?工法を選ぶ判断基準も解説

query_builder 2022/09/23
ブログ
屋根塗装の工事は全て同じ工法を使っているとお考えの方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし実際は、1つの工法で工事しているわけではありません。
いくつか存在する屋根塗装の工法には、それぞれ特徴があります。
今回は、屋根塗装の工法と、工法を選ぶ基準を紹介します。

□屋根塗装の3つの工法とは?

屋根塗装の工法は大きく3つに分けられます。

1つ目は、ローラー塗りです。
この工法は塗料が飛散しにくいため、近隣と距離が近い現在の住宅事情に合っていることから普及しました。
風で塗料が飛散することが少ないため、塗料の無駄が少ないことが特徴です。
また、道具が扱いやすく塗りやすいというメリットも存在します。

2つ目は、吹きつけ工法です。
この工法は、機械によって塗料を粒子状にして塗る部分に吹きつける方法です。
外壁に色々な模様がつけられることが大きなメリットで、作業スピードが早いという特徴もあります。

3つ目は、刷毛塗りです。
この工法は、小さな刷毛を使って塗装する方法です。
そのため、小回りがきくことが特徴で、狭い場所の塗装に向いています。
また、タッチアップといった部分的な補修にも適しています。

□吹きつけ工法と他の2つの工法はどちらが良いの?

機械を使う吹きつけ工法か、人の手で塗る他の2つの工法のどちらが良いか判断するにはいくつかの基準が存在します。

1つ目の基準は、外壁の表面の仕上がりです。
外壁を立体的で重厚感ある印象にしたい場合は、吹きつけ工法がおすすめです。
吹きつけ工法でしか表現できない仕上がりであり、作業も短時間で済みます。

2つ目の基準は、周囲への影響やリスクです。
近隣の住宅に迷惑をかけたくなかったり、汚したくないものがあったりする場合には、ローラー塗りや刷毛塗りが良いでしょう。
吹きつけ工法は、塗料が飛び散る可能性が高い工法です。
そのため、リスクを少なくするためには職人さんが手で塗る工法を選びましょう。

3つ目の基準は、工事費用です。
平米数単価を考慮すると、吹きつけ工法の方が相対的に安く塗装できます。
吹きつけ工法では高くても1平米あたり2000円程度ですが、ローラー塗りや刷毛塗りでは3000円から5000円程度が相場になります。

□まとめ

屋根塗装の工法と選ぶ基準を紹介しました。
3つ存在する工法ですが、それらは機械を使用するものと人手で行うものの2種類に分けられます。
それぞれメリットとデメリットが存在するため、塗装したい建物の状況に応じて選ぶと良いでしょう。
屋根塗装をお考えの際は、ぜひ一度当社までご相談ください。

記事検索

NEW

  • 屋根塗装の吹きつけ工法とは?工法を選ぶ判断基準も解説

    query_builder 2022/09/23
  • 耐候性に最も優れている塗料とは?フッ素樹脂塗料について解説

    query_builder 2022/09/19
  • 屋根塗装の高圧洗浄の水しぶき飛散対策!トラブルを回避しよう

    query_builder 2022/09/15
  • 屋根塗装の剥がれの原因とは?剥がれを見つけたら補修をしましょう!

    query_builder 2022/09/11
  • 郡山市O様邸木部塗装工事

    query_builder 2022/08/08

CATEGORY

ARCHIVE