雨漏りの一時しのぎの仕方を紹介します!

query_builder 2023/07/05
ブログ
23585767_s (1)


家の中で雨漏りが発生している場所や雨漏りが不安な場所があるという方はいらっしゃいませんか。
雨漏りの修理は気づいて瞬時にできるものではありませんよね。
そこで今回は雨漏りについて一時しのぎの方法と発生しやすい箇所について紹介します。




□雨漏りしやすい場所とは?


雨漏りの原因を早期発見するには雨漏りの場所を特定することが大切です。
ここでは雨漏りが発生しやすい場所を紹介します。

まず、屋根は建物の中でも最も劣化が激しく、ひびや破損によって雨漏りが引き起こされることもあります。
少しの破損であれば防水シートが機能し、雨漏りが防げるようになっているのですが、これにも寿命はあるため定期的に状態を確認するようにしましょう。

また、太陽光発電や太陽光温水器が雨漏りの原因になっているケースもあります。
機材を設置するときに屋根材に穴を開けて設置することから穴に隙間が発生し、雨漏りの原因になります。

さらに外壁塗装で防水効果が高くなっている一方で、塗装が劣化によって水が通りやすくなり、外壁にひび割れや破損が生じ、雨漏りの原因になるケースもあります。
また、外壁の繋ぎ目は劣化に弱く、シーリングがひび割れや剥がれを起こすと水分の浸入を防げなくなるため、注意しましょう。




□雨漏りを一時しのぎする方法は?


外壁からの雨漏りの場合は防水テープを使うことをおすすめします。
外壁にヒビ割れがあったり、コーキング材が劣化して隙間があったりする場合は、その隙間を防水テープでおおうことで直接雨が侵入するのを防げます。
そのため、アクリル系の粘着層があり外壁に痕が残りにくい防水テープが良いでしょう。

ベランダ・バルコニーからの雨漏りを一時しのぎする方法としては、ブルーシートでおおうことがおすすめになります。
床の防水層に全面的に貼れ、手すりや風切り開口部に雨がさらされないようにおおうことも可能です。
また、普及作業も簡単です。

注意点として雨漏りの原因が屋根である可能性が高い場合でも、屋根の上に登ることは危険であるため推奨しません。
そのため可能な範囲で、室内の雨漏り被害が拡大しないように応急処置してください。



□まとめ


今回は雨漏りについて一時しのぎの方法と発生しやすい箇所について紹介しました。
雨漏りが急に発生してしまった時はどうしたら良いのかとても困りますよね。
そんな時は先ほど述べたことを参考にして雨漏りをしのいでみてください。
今回の記事で疑問点があれば、当社までお問い合わせください。



記事検索

NEW

  • 郡山市塗床

    query_builder 2024/02/23
  • 郡山市A様邸外壁塗装・屋根塗装工事

    query_builder 2023/12/21
  • 郡山市A様邸外壁塗装・屋根塗装工事

    query_builder 2023/12/14
  • 郡山市A様邸外壁塗装・屋根塗装工事

    query_builder 2023/12/08
  • 郡山市E様木板塗装

    query_builder 2023/12/01

CATEGORY

ARCHIVE